センス・オブ・何だあ?(福音館書店)

⁡『「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない』と説いたレイチェル・カーソンの名著『センス・オブ・ワンダー』へのオマージュが込められた本書。感じるという事をどうやって育んでいくのかのヒントに溢れています。
目の見えない著者が教えてくれる足や鼻、耳や触感で「感じる」方法。目が見えなくても耳が聞こえなくても子どもじゃなくても大丈夫。どの器官でも、何歳からでも「何だあ?」を感じる力を育むことで世界はどこまでも広がっていきます。

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/68626267