火曜日のくま子さん (中央公論新社)

『トコトコバス』『うちのねこ』など淡い色彩で優しく世界を描く絵本作家の高橋和枝さんの1ページ漫画『火曜日のくま子さん』。
老いと向き合い始める40代の心情と日々のあれこれがユーモアに包まれて描かれています。店主は「意味のない奇跡」の話に共感するととももにその奇跡に遭遇する瞬間が結構好きだったりします。

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/62067012