老人ホームで死ぬほどモテたい (書肆侃侃房)


両親が離婚し、父親は海外で再婚し、死んでしまう。富士山の見える地元や学校において感じる狭苦しさ。

それらの歌は目の前にある世界への讃歌ではないけれども、「いつか老人ホームに入るころには、わたしの中の全てのわたしから、死ぬほどモテたい。」とあとがきにもあるよう未来を向いているように感じます。

【5首】
母は鳥 姉には獅子と羽根がありわたしは刺青(タトゥー)がないという刺青(タトゥー)
風呂の水が凍らなくなり猫が啼き東京行きの切符を買った
故郷の母と重なりしメスライオン 深夜のナショナル・ジオグラフィック
沼津という街でxの値を求めていた頃会っていればな
シロナガスクジラのお腹でわたしたち溶けるのを待つみたいに始発

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/61742124