ルックバック(集英社)

毎週欠かさず学年新聞の4コマコーナーに漫画を載せる小学4年生の藤野。同級生や周囲にも大ウケで人気者の彼女。
ある日その4コマコーナーの1枠を不登校の京本に譲る事に。そこに掲載された京本の高い画力に皆は驚き…。
二人の少女の成長と周囲の変化。ありえたかもしれない未来、それでも変わらなかったであろう事。
静かなのに雄弁なコマ割りが印象的な物語は表現する人、作る人へのエールのようでもあります。