月の番人 (亜紀書房)

月の静かさが印象に残る『月の番人』。過疎化が進む月のコロニーでは博物館は閉鎖されスーパーも無人化。みんな地球に引き揚げていく。コロニーの警察官である主人公の周りでも事件らしい事件は起こらない。そんなある日ドーナツとコーヒーを販売する小さなカフェができて…。
暗い月世界の詩情豊かな物語

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/53031071