海をあげる(筑摩書房)

エッセイを読んでいると、書き手のパーソナルな部分と深く結びついているものが露わになる瞬間に遭遇することがあるように感じます。『海をあげる』は店主にとってまさにそのような一冊です。
教育学を専門にされ、特に沖縄の未成年の非行や貧困などの調査支援に関わる著者が綴る日々。米軍のヘリの音に怯える娘、水道水の汚染、ハンガーストライキをする知人等、著者が暮らす沖縄の問題が個人と深く結びつき読み手に問うてきます。

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/47303017