JR品川駅高輪口 (河出書房新社)

高校受験に失敗し「もうわたしの人生なんて終わっている」とメンソールのタバコをふかす高校1年生の百音。家でも学校でも自分のままでいられず、息苦しさを感じながら過ごす彼女が携帯をいじり眺めていたのは自殺サイトのスレッドだった。「死」というものがいつもすぐそばにある事を知っていてもなお生きることの方がしんどい時もある。生と死の間を電車は駆けていく。

Today’s book is a story of a girl who feel uncomfortable in her home and school.  What she was looking at as a distraction was a suicide website.  The difficulty of living sometimes even when you feel death is near is depicted through this girl.