たまごのはなし (ブロンズ新社)

キッチンの片隅で自我が芽生えたたまごが語る不思議な童話『たまごのはなし』。なぜか常にどこか上から目線で語るたまごが自分が一口かじったマシュマロと共に繰り広げるやりとりは可笑しさと発見を読み手に与えてくれます。二人(?)の掛け合いも面白いです。木炭鉛筆で描かれたちょっと怪しくて可愛いイラストが強く印象に残ります。

Today’s book is funny fairy-tale. One day an egg wake up  at the corner of kitchen. It can walk and find a friend, marshmallow. So fun to read their conversations. Beautiful and a little fishy illustrations are so nice.

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/43167027