岐路の前にいる君たちに (朝日出版社)

哲学者の鷲田清一さんが大阪大学、京都市立芸術大学の卒業式、入学式で述べた8年分の式辞を集めた『岐路の前にいる君たちに』。
卒業の場と入学の場の二章に分けて構成されています。「新しい場」へと進んだ全ての人達に送られた言葉は、どれも厳しく暖かいメッセージです。教養の大切さを説く一冊でもあります。

Today’s book is a collections of speeches at entrance and graduation ceremonies by Seiichi Washida, a Japanese philosopher. 
All speeches have warm and cheer up for the new beginnings and explain the importance of humanity and liberal arts.

WEBSHOPにも登録しています。
https://nenoi.thebase.in/items/42030367