nice things. issue64 (情景編集舎)

出版社が倒産し一度は休刊となった『nice things』。
復刊第2号は「扉を開けたいお店」とタイトルが付いている通り、全国の様々なお店を紹介しています。お店のことよりもそこを作った人により深く入っていく姿勢が感じられる構成はお店が店主の作品である事をより強く実感します。生き方に紐づいたお店ばかり。

Today’s magazine introduces a variety of attractive shops in Japan. It also interviews with shop owners.  All stores reflect the owner’s philosophy. So we feel much more attractive than others.

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/40594244