少女マンガのブサイク女子考 (左右社)

タイトルそのまんまですが、少女マンガに出てくるブスなキャラクター達にライトを照て、彼女達がどのように描かれてきたかを論評しています。美醜の価値観、自己肯定感、コンプレックスなど新たな思考回路を開いてくれる一冊です。
『圏外プリンセス』『ヘルタースケルター』『半神』など多彩な作品が登場し、それら全部ブサイク女子への論考なのだからすごいです。

Today’s book is the critics about girl’s comics. It focuses on the ugly characters. It appears from old work to newest one. good book to think about lookism, self-esteem and etc…

WEBSHOPにも登録しています。
https://nenoi.thebase.in/items/37588215