病と障害と、傍にあった本。(里山社)

病や障害を持つ当事者、介護者12名による本と生きる事についてのエッセイ集。耳が聞こえない事、双極性障害とは?など当事者でなければなかなかわからない実情と、その傍らで本はどうあったのか?が綴られています。
本が必ずしも必要なわけでも、本じゃなければ駄目というわけでもないけれど、その本がなかなか分かち合えない苦しみの捌け口や共感の相手となる事。世界との架け橋となることを教えてくれます。
突然本が読めなくなる事だってあるわけで、今日も一冊一冊大事に売っていきたいと思います。

Today’s book is an essay collections of 12 persons who have a disability or illness, or are caregivers for those people. They wrote about the detail of disability or illness and how the books stand beside them.

WEBSHOPにも登録しています。
https://nenoi.thebase.in/items/35591847