男らしさの終焉 (フィルムアート社)

男性でありながらスカートなど一般的に女性が着るような服を身にまとう(トランスヴェスタイト)として知られるアーティスト、グレソン・ペイリーによる男性性という呪いついての考察をまとめた『男らしさの終焉』。タイトルもそうですが「男性省」や「デフォルトマン」という皮肉の効いたセンスのあるネーミングなども秀逸です。

Today’s book is written by a British artist Grayson Perry who is also famous as a cross-dressing.  It discuss about masculinity and a kind of curse of masculinity. Good books to think about gender bias from male side.

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/34480065