辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦(集英社インターナショナル)

イブン・バトゥータの『三大陸周遊記』のオリジナル『大旅行記』や平将門について記した『将門記』など歴史上決してマイナーではないけれど同時にメインでもない事柄や地域に関する本についてノンフィクション作家と歴史学者が語り合う『辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦』から見えてくるのは辺境の新しい見え方とその時代の空気でした。代わりに読んでもらっているのを楽しむも良し、俎上に上がった本を実際に読んでみるも良し。また対談の途中に出ていた本を手にとってみるなんてものもいいですよね。歴史への入門としてもオススメの一冊です。

A Japanese non-fiction writer and A historian talked about old books that feature Remote border. We can feel the air of the era that books are described.