新 移民時代(明石書店)

厚生労働省の調査によると日本における外国人労働者数は現在約127万人になるそうです。労働力不足が叫ばれる日本において最早欠かす事はできない彼らではありますが、福岡に本社を置く九州のブロック紙西日本新聞がまとめた『新 移民時代』には「移民ネグレクト」という穏やかでない言葉がでできます。

他国における外国人労働者の状況なども触れつつ、彼らをめぐる現状と問題と日本人側の意識と問題を事例を通して丁寧に掘り下げています。「外国人労働者」と一言でまとめても、その中身は多様なバックグラウンドを持ち、血の通った人間である。という当たり前の事をしばしば見失ってはいやしないかと改めて問いかける一冊です。彼らが良き隣人となる事を一方的に求めるのではなく、我々もまた良き隣人として彼らときちんと向き合う必要があるのではないかと店主は思います。