Blog / 商品紹介一覧

チェコの十二ヵ月(理論社)

現在チェコで暮らしている画家の出久根育さんによるエッセイ『チェコの十二ヵ月』を読んでいるとロシアなども含む東欧の雰囲気が、幻想的な著者の...

シニガミさん(えほんの杜)

黒いカバーの表紙が印象的な絵本『シニガミさん』。このお話には怖い怖いシニガミさんが出てきます。何が怖いってこのシニガミさん、生き物の死ぬ...

死を悼む動物たち(草思社)

近しい存在に先立たれるのは人間にとってわが身を削られるように辛い事ではないかと思います。しばしばそれは生物の中で人間のみが持ちうる特質だ...