私が食べた本 (朝日新聞出版)

『消滅世界』など読者の価値観が揺さぶる作品を多数発表する小説家村田沙耶香さんによる書評と「書く」ことにまつわるエッセイをまとめた一冊。
本を「食べた」とあるように書評であっても作者にもぎゅもぎゅと咀嚼されているように感じます。文庫化にあたり特別エッセイを収録。