五感巡礼(カタリココ文庫)

文筆家の大竹昭子さんが2014年に書かれたエッセイをベースに再構成した5編を収録した『五感巡礼』。近視から鳥のような俯瞰へと軽やかに変化していく文章はどこか写実的で読みながらその情景が浮かんでくるようです。
「書いている過程が楽しかった」と著者が記されていると通りに、書き手の楽しさに知らずに乗せられステップを踏んでしまいそうになる一冊です。

Today’s book is a good essay by Akiko Otake. It is a collection of essays, from small episodes to the five senses.

WEBSHOPにもう登録しています。
https://nenoi.thebase.in/items/39424943