薔薇はシュラバで生まれる (イーストプレス)

少女マンガが大きな飛躍を遂げた1970年代。当時はデビューした漫画家が他の漫画家のアシスタントをする事も多くありました。
『薔薇はシュラバで生まれる』の作者の笹生那実さんは当時一線で活躍された漫画家でまた多くの漫画家のアシスタントを経験された方でした。美内すずえさん、木原敏江さん、くらもちふさこさん、槇村さとるさんなど錚々たる漫画家の当時の制作現場や日々が垣間見れる貴重で面白い作品です。
やっぱり怪談してたんだ!と思った店主でした。あとモー様の歌気になりすぎる。

Today’s book is good comic essay about Shojo Manga in 70’s and early 80’s in Japan. The author is also cartoon writer. So she knows  and experiences the frontline Shojo Manga at that time. So many funny and “Syura-ba” episodes in this book.

WEBSHOPにも登録しています。
https://nenoi.thebase.in/items/38166724