そんなふう(ナナロク社)

写真家の川内倫子さんが自身の出産から子供のいる日々を記録したフォトエッセイ『そんなふう』。
写真家ならではの鋭い観察眼や祖父と子の思いも掛けないシンクロへの気づきなど日常への鋭さと柔らかさの緩急が入り混じった独特のトーンで綴られます。
写真はカメラという光を取り込む機械を通して写し出されるという事を川内さんの写真を見るといつも再発見しますが彼女の文章もまた光のグラデーションを表現しているようにも感じます。今ならサイン本あります。

Today’s book is a photo essay by Japanese female photographer Rinko Kawauchi. She wrote about her own experience of giving birth to a baby and everyday life with the baby in this book. It also contains good photos taken by her.