これからの男の子たちへ (大月書店)

フェミニズムって「性差による不利をなくして男性も女性も等しく生きられる事を求める」ものだと思っていますが何故か女性がアクションするものと思われがちな印象があります。でも男性だってアクション起こさないとですよね。男女問わず優秀な人が活躍する社会の方が絶対いい社会になりますし。
『これからの男の子たちへ』はそんな社会的強者側である男性へ向けた一冊です。何気ない日常で刷り込まれる「男らしさ」。これは同時に男性を縛る呪いでもあるように思います。男女問わず子どもと共にいる大人に読んでほしい一冊です

Today’s book is good book to think about gender bias from male side. the title’s message is for boys, But we recommend this book to read this book for Mature persons who lives with boys and girls. 

WEBSHOPにも登録しています
https://nenoi.thebase.in/items/34451483