思いはいのり、言葉はつばさ (アリス館)

「女書」という中国の一部地域の女性の間のみで使われていた文字を通じて人に思いを伝えること大切さやもどかしさを言葉で紡ぐ『思いはいのり、言葉はつばさ』。
私たちと違う時代、違う文化の人たちの私たちと変わらない喜怒哀楽を主人公チャオミンを通じて触れる事の出来る物話です。

Today’s book is a story set in once upon a time in China. It appears unique Chinese characters Nüshu that was used only for female in this story.
It tells us the importance of letters. lovely story about a girl’s growth and courage.

WEBSHOPにも登録しました。
https://nenoi.thebase.in/items/32067958