一汁一菜でよいという提案 (グラフィック社)

皿数の多い食卓は見た目も豪華で楽しいですよね。けれど毎日の手料理は大変です。作ることもそうですが「何を作るかを決める」のも。
『一汁一菜でよいという提案』はタイトルのまんまですが料理研究家の土井善晴さんがご飯と味噌汁とお漬物だけで良いのではないかと提案しています。和食というバックグラウンドを軸に土井さんの柔らかな語り口そのままに書かれている一冊です。

Today’s book  suggests us new style of home cooking. This concept is very simple, one soup and one dish style. It’s written by Yoshiharu Doi , a famous Japanese cooking expert.