チャーちゃん(福音館書店)

先日、猫との突然の別れを経験し、悲しみにくれる店主にすっと差し出された絵本『チャーちゃん』。
「はっきり言って、いま死んでます」とか無理無理!となりかけたのですが、あまりの絵の美しさに思わず開いてしまいました。そこには楽しそうに遊ぶ猫がただただありました。
小沢さかえさんが描くどこか淡く、美しい猫の絵と保坂和志さんの文章の向こうには、歴代のうちの猫達がいるように感じられました。愛する者との別れに癒しはないですけれど、それを心の中に包んで、踏み出す新しい一歩を応援してくれる絵本です。

Today’s picture book is about a farewell to one’s beloved cat. 
The story is told by a cat. So we feel this story is a message from the cat.
Full of love and warm feeling in this book with beautiful and fantastic illustrations.