本屋、はじめました増補版 (筑摩書房)

店主がお店を始める前に何度も読んだ本が文庫になって、しかも増補されてやってきました。荻窪の新刊書店Titleさんの『本屋、はじめました 増補版』。文庫化にあたり、開店から5年目の立場からの振り返りの章が追加されています(読んだ本が自らの延長になるという記述がとてもいいです)。
本屋を目指す人はもちろんなのですが、何かを始めたいという人にぜひ読んでみて欲しいと思います。いい事ばかりじゃないけれど、それでもなお!という熱情を後押ししてくれる一冊です。

ちなみに、当店の事業計画書の構成などほぼ完全にこちらに記載のものがベースになっています。そんで、計画通りにいってるかって?、、、さてはて何のことやら。

Today’s book is about bookstore. It is written about “why the author want to open bookstore?” ,”how to open a bookstore?” and “how do you think about opening it?”.
If you want to start something new by yourself (especially Bookstore!), we highly recommend this book.