逢沢りく(文藝春秋社)

蛇口をひねるように自在に涙を流せる14歳の女の子が主人公の『逢沢りく』。オシャレな父と母の下で育った彼女が関西に住む親戚の家に住むことになりました。
言葉遣いとかオシャレとかそんな事よりも大切なことは何だろうかと静かに問いかけてきます。 コテコテの関西弁のボケと主人公よく走る姿が印象的な上下巻です。手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作。

Today’s comic book describes the feeling of Adolescent girl. One day, the girl needs to move in her relative’s houseOne day .
At first she doesn’t like this life, but she will find her own emotions. Warming story.