ナウシカ考(岩波書店)

映画の上映から35年、漫画の完結から25年が経過しても新作歌舞伎で演じられるなど今も高い人気を誇る『風の谷のナウシカ』。
『ナウシカ考』は民俗学者である赤坂憲雄さんが漫画版ナウシカを考察に中心に据え、読み解いています。ナウシカだけでなく前史としての『未来少年コナン』や『シュナの旅』に触れつつ、風や火の持つ意味や宮崎作品に広く共通する思想などについて考察しており読んでいるとナウシカがもちろん、その他の宮崎作品をまた観たくなっちゃいます。
当店では漫画版ナウシカ7巻セットも販売してますよ!

いつかお店で「ナウシカ名言持ち寄り会」したい!

“Nausicaa of the Valley of the Wind” is one of the most popular animated films and comics in Japan. It is directed by Hayao Miyazaki, one of the greatest animation directors.
Today’s book discusses this story, mainly the comic version.  Because the author is a folklore scholar, it takes folkloric approach to examine the world of Nausicca.
In addition to this title, it is also discussing other Miyazaki’s works.