聖なるズー(集英社)

犬や馬などの動物を対等のパートナーとして接し、愛す動物性愛者について書かれたノンフィクション『聖なるズー』。
長年性暴力を受けていた筆者の「愛とは何か?セックスとは何か?」という真剣な希求からたどり着いたズーと自らを呼ぶ人たちの存在は確かに愛ってセックスってなんだろうかと静かに問いかけられているような気がしてきます。

Today’s book is very unique non- fiction. It focus on the people who loves animals as a partner and lover. 
We are difficult to understand their propensity. But They are completely different from bestiality people. They respect the animals as partners.