きりこについて (角川書店)

「可愛い」と父と母に言われて育った「ぶす」のきりこ。小学1年のある日、人間の言葉を解する黒猫ラムセス2世と出会います。可愛いと信じていた自らを「ぶす」と認識しショックの余り引きこもるきりこでしたが、やがて自身の不思議な力に気づき、そこから彼女はラムセス2世と共に行動を起こします。
西加奈子さんの軽妙な筆致のリズムが心地よい一冊です。パァパとマァマがとても素敵です。

Today’s book is the story  of a woman who grow up believing her own beauty but actually she isn’t. Good story to know that you are ok as you are.
A black cat in this book is so clever and lovely.