凍りの掌[新装版] (講談社)

漫画家のおざわゆきさんが父のシベリア抑留体験を聞き取りをして描かれた漫画『凍りの掌』。淡々と描かれるシベリアでの虜囚の日々。いつ帰国できるかもわからない中、厳寒の地での作業に強制的に植えこまれる共産思想。生き延びて帰国した後にも待ち受ける苦難の日々。戦争が我々に何をもたらすのか忘れてはいけない歴史がここにあるように思います。
長らく絶版になっていましたが本作を題材にしたドラマが放送されたところ話題になりこの度重版となり復刊された一冊です。


Today’s comic book is about Record of Siberian detention from author’s father. She drew many tough episodes with cute simple illustrations. this is the sad history that we should not forget.