いちご物語 (白泉社)

ラップランドから日本の生田家に突然やって来た少女、いちご。彼女が来た事で大きな騒動がおこり…。大島弓子が1975年に描いた長編物語『いちご物語』。
初めて読んだ時、店主はこの主人公が少し苦手でした。でも読んでいく内にその無垢さ、純真さが心に刺さってくるようになりました。
ラスト1ページの詩情豊かな美しさにいつも目がウルウルしてしまいます。

Today’s comic book is written by one of the greatest Japanese comic writer, Yumiko Ohsima.  Originally it was published in 1975.
Therefore you may think it’s old in some scenes. But it is still beautiful, pure and innocent love story that strikes the reader’s heart.