やこうれっしゃ(福音館書店)

今ではだいぶ姿を消してしまった夜行列車。けれど漆黒の闇の中をカタンカタンと音を立てながら走る夜行列車に身を委ねながら過ごす一夜はなんとも言えぬ情緒があります(さながら「エモい」でしょうか)。
『やこうれっしゃ』は一昔前の夜行列車の旅を感じさせる絵本です。上野駅から旅は始まり、スキー客や帰省客を乗せた電車の一両一両を見開きいっぱいに描きながら金沢まで電車は走ります。
文字はどこにもないのに眺めているとなんだか乗客たちの声が聞こえてきそうな一冊です。

Nowadays, night trains are not popular. But it used to be major public transportations.
Today’s picture book is good book to know what kind of people used night trains.
Even though there is not any text in this book, we can hear the sounds and passenger’ s voices from lovely and friendly illustration .