民主主義は誰のもの?(あかね書房)

「あしたのための本」と銘打たれた絵本シリーズの一冊『民主主義は誰のもの?』。オリジナル版は40年以上前にスペインで刊行されたのですが、その当時のスペインは長い独裁体制を終え民主主義へと踏み出そうとした時期でした。そのせいか文章には民主主義への期待と喜びにあふれているように感じます。
「誰かひとりが、みんなを見はるのではなく、みんなが、しっかりとすべてを見ていることもたいせつだ。」など本の中にある言葉が刺さります。

Today’s picture book is talking about Democracy. Originally it was published about 40 years ago in Spain. At that time, Dictatorship ended and Democracy just started.
Because of that, we feel that the text of this book is full of expectations and joy for democracy.