うみべのまちで(BL出版 )

海辺の炭鉱の町に暮らす少年の1日を描いた絵本『うみべのまちで』。
明るい太陽のもとでみる海の美しさと石炭を掘る大人達の上にのしかかるような海の黒さの落差と主人公の少年のどこか達観とした語り口が印象的です。作者によるあとがきもぜひ読んでみてください。

Today’s picture book describes one day of the seaside coal town in Canada. A boy’s philosophical attitude  and the contrast between the sight of surface of the sea and under the sea are very impressive.