ことばを写す 鬼海弘雄対話集 (平凡社)

日本を代表する写真家、鬼海弘雄さん。浅草の浅草寺に来た人に声をかけ撮影した一連のポートレートは彼のライフワークとしても有名です。
『ことばを写す 鬼海弘雄対話集』はそんな彼と堀江敏幸、山田太一、アラーキーなど様々な創作者たちとの対話集です。最初に対話相手のポートレートがあり(もちろん鬼海さんの撮影)それも素晴らしいのですが、対話もまた相手との思考の交流が深いところでされているような印象を持ちます。
さらりと「写真っていうものは、すべて相関関係しか撮れない 」みたいな言葉が出てくるなど写真好きにはもちろん、それ以外の方にもオススメです。
ポートレートの他に挿し込まれている写真もまたいいです。

Hiroo Kikai is a famous Japanese photographer.
Today’s book is a dialogue collection between he and a variety guests, novelist, photographer, poet. All dialogues are full of brilliant words. And more Every chapter has a portrait of guest, these portraits are fantastic, of course these are taken by Hiroo Kikai.