ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。(ポプラ社)

34歳の時に余命3年のガンと診断され「がーん」(原文ママ)となった幡野広志さん。
『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』にはガンになった時のこと、ガンになってから起きた事などを読みやすい文章で綴っています。さらにそこから派生してガンになった方、遺された方への取材、そして安楽死と尊厳死の話にまで。
幡野さんのお話には常に家族というものがあるように感じます。
店主にも幡野さんのお子さんと歳の近い子がいるのですが自分の同じ状況になったら果たしてここまで冷静でいられるだろか?と思いながら読んでしまいました。

Today’s book is about Essay of a Cancer patient. Hiroshi Hatano is a Japanese photographer and hunter. when he was 34, he found he got cancer. He wrote about when he got cancer and what happened after he got cancer. And more He interviews with persons who also got cancer and Bereaved family.
He also wrote about euthanasia  and death with dignity.
There are so many topics in this book. But we think he always talks about Family.