プリズン・ブック・クラブ(紀伊國屋書店)

読書会は日々あちこちで開催されていますが、この本『プリズン・ブック・クラブ』はなんと刑務所での読書会についてのノンフィクションです。
作者はボランティアとして参加しましたが読書会のメンバーはもちろん受刑者たちです。
彼らが読んだ本について語る内に次第に胸の内まで吐露し始めます。本について話す彼らの生き生きとした雰囲気が伝わってくる一冊です。
『ガーンジー島の読書会の秘密』を読んだ回の話もありすよ。

Today’s book is about book club in prison in Canada. The prisoners look so enjoying this club activity.
They talk their own opinion about book and their feelings inside. 
We can find out the fun and unexpected effects of  book club activities through this book.