夏の夜の夢 (白水社)

今日から『ガーンジー島の読書会の秘密』コーナーをささやかながら展開しています。この映画はイギリスが舞台という事で本日の一冊は『夏の夜の夢』。
シェークスピアの有名な喜劇ですが、もうドタバタと展開がめまぐるしいです。妖精の集う森で妖精パックが不思議な惚れ薬をふりかけたことから大変なことに。
軽妙な台詞回しや物語の結末まで展開など全てが素晴らしく楽しい一冊です。

Today’s book is one of the most famous and best classics drama  written by William Shakespeare.
Not only great and funny story, but also Light dialogue are very attractive.