キャッチャー・イン・ザ・ライ (白水社)

1951年の今日7月16日、青春小説の金字塔J・D・サリンジャーの『The Catcher in the Rye』が刊行されました。日本では『ライ麦畑でつかまえて』というタイトルでも有名な本作を小説家でもある村上春樹さんが翻訳した『キャッチャー・イン・ザ・ライ』。
楽しみ方は色々なのですが店主は同じく白水社から出ている野崎孝さん訳と読み比べてみるのがお勧めです。

Today in1951,  One of the most famous American literature and one of the best youth novel was published. This book’s title is  “THE CATCHER IN THE RYE”.
In Japan, this book is famous for Takashi Nozaki translated edition. Today’s book is  much newer than that one, it was translated by Haruki Murakami.  This edition is also good. We recommend to read and compare both versions.