エトセトラvol.1 (エトセトラブックス)

「まだ伝えられていない女性の声を届ける」出版社として誕生したエトセトラブックスの最初の本は「コンビニからエロ本がなくなる日」という特集が組まれた雑誌でした。
コンビニという誰もが利用する空間に置かれるエロ本は2020年のオリンピックを見据えコンビニから姿を消す事になります。「かつてコンビニにはエロ本があった」という事実を後に残す意味でも貴重な一冊です。有名無名問わず多くの方のコメントが掲載されてますが、店主の知人にも投稿の中にあったようにエロ本をわざとかわいい女性店員のいるレジで買ってると嬉しそうに話している人がいたのを思い出しました。
「エロ本」とは言っているけど実質、男性の性消費のための乱暴な商品がコンドームなんかよりも遥かに堂々と鎮座しているという事の異常さを改めて感じました。

Today’s magazine is published by a new publisher. This publisher focuses on feminism. This magazine features porno  books at convenience store.
Convenience stores will stop selling porno books in August, 2019. So they collected many opinions about that.