行ったり来たり大通り(絵本館)

「この本には特にストーリーはありません」と冒頭に断り書きがある『行ったり来たり大通り』。でもページを行ったり来たりしているとあれれ?なんだかお話が繋がっているような。
それぞれのページで起きている事も楽しいし、大通りを行き交う人達がページを超えて緩く繋がっているのを発見するもの楽しい五味太郎さんならではの味わいのある一冊です。

When you open today’s picture book, we find the sentence “There is particularly no story in this book. ”  But all the pages relate to each other.  

There is not starting point, but also ending point. In every page variety of people on the street appear. Enjoyable  book made by Taro Gomi.