いろいろないちにち (文化出版局)

「いろいろないちにち」はとある町の1日を定点で描いている作品です「ごぜん よじ」から始まり「ごご じゅうじにじ」までそのまちの1日を音もなく描いていきます。通勤時間帯の賑やかさ、買い物の時間帯、夜の飲みの時間。
海のそばの灯台のある小さな町の1日を眺めていると人の営みがとても愛おしく感じます。疲れている時とかにホッと眺めるのにもオススメの絵本です

Today’s picture book is mostly without words. It’s drawing a day of a small port town from 4 am to 12pm. Silent but lovely illustrations.