棒がいっぽん (マガジンハウス)

どこかノスタルジックな雰囲気が漂う短編集『棒がいっぽん』。でもここにあるのは単純に「俺の若い頃は良かった」という美しい話では全然なくて、嫌な感じの隣の部屋の住人や気取った彼氏や、あの日食べたものを問い詰める人とか癖があって全然綺麗ではない人たちが登場します。
それでも、それでもなお人生は素晴らしいよねという読後感がそれぞれの話にあります。
漫画ってどんな形で表現ができるのだろうと様々な表現方法を見せてくれる1ページ、1ページが素晴らしい短編集です。

Today’s comic book is a good collection of short stories. All stories have nostalgic atmosphere.
The characters in the stories are not good people, for example, there are bad neighbors and horrible or mysterious persons.
 Nevertheless we feel these stories are fantastic. The author has great skill of expressions of cartoon. So we can find many beautiful pages.