たまねぎとはちみつ(偕成社)

アラビア語のことわざで『今日はたまねぎ、明日ははちみつ』というのがあり、生の玉ねぎのようにピリピリして嫌な日もあれば蜂蜜のようにいい日もあるという様な意味だそうです。
 今日マチ子さんの挿絵が印象的な『たまねぎとハチミツ』は内気な小学五年生の千春ちゃんが出会った不思議な修理屋のおじさんとの交流を軸に彼女の成長の一年が描かれています。
 季節が移ろいながら玉ねぎな出来事をハチミツに変えていくお話達は、千春ちゃんと同年代のお子様から大人まで幅広く共感できる一冊です。

Today’s book is a good novel describing the growth of a Japanese little school girl.  A lovely story not only for children but also adult.
Machiko Kyo’s illustrations makes a good atmosphere in this novel’s world.