老境まんが(筑摩書房)

老いも若いきも漫画を読む。老人が老いを見せつけられるのは傍に若さがあるからこそ。

『老境まんが』には、老いても明日はあるし、老いたからこそ若者に教えられること、老いる事そのものを描いた新旧14編の短編が収められています。

手塚治虫、水木しげる、近藤ようこ、高野文子など豪華なラインナップ。あとがきも必読です。店主は宮本武蔵を描いた二編にニヤニヤしつつも介護を描いた小編が印象に残りました。

Today’s book is good anthology book about  “growing old”  and “old persons”.

14 different short stories show us many aspect of views about “ growing old” .  All of stories are so impressive!