認知症の人の心の中はどうなっているのか?(光文社)

2025年には65歳以上の人5人に1人、約700万人がなると推定されている病気、認知症。高齢者を中心に身近な病気となりつつある一方で有効な治療法も予防法も確立されておらず、まだまだ未知の部分が多い病気です。

『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』は認知症になるとどうなるかをコミュニケーション、記憶、時間認識、そして何より患者自身の苦しみについても触れています。

日々近くにいる方は全てを理解し、受け入れる事はなかなかできないと思いますが、本書が時に生じる軋轢を少しでも減らしてくれる事を店主は願ってやみません。

Today’s book is about Dementia. Dementia is a crucial issue in Japan, where the society is extremely aging. It is said that, in 2025, about 7 million people will become demented in Japan.

It still has many unknown parts, and there is not effective treatment or prevention yet. This book is good for understanding this disease.