私たちにはことばが必要だ(タバブックス)

本日3/8は国際女性デー。1904年のこの日にアメリカの女性労働者達が婦人参政権を求めてデモをした事にちなみます。それから100年以上経過していますけれど、女性を巡る状況というのはまだまだ道半ばという印象です。『私たちにはことばが必要だ』は「女のくせに」という言葉に代表されるような性差別者にあった時にどう対応すればいいかをかなり実践的に教えてくれます。性差別に限らず、様々な差別への対応にも使えるのではないかと思いますので広くおすすめです。差別を受けた側が考えて考えてさらに考えて編み出した1冊。男も女もフェミニストでいいのだ!

Today is International Women’s day. So today’s book is also about Feminism. There are many practical examples, so we can learn how to protect ourselves from sexist. 

併せてこちらもオススメです。

フェミニズムとは「男女平等を目指し、女性の権利を求める思想」です。日本でも夫婦別姓や、育児やセクハラ問題など近年とみに話題になることが多...