すみ鬼にげた(福音館書店)

今日は節分という事で鬼の出てくる絵本をご紹介したいと思います。『すみ鬼にげた』は唐招提寺の金堂の四隅の支えるすみ鬼の一人が宮大工見習いの少年ヤスを唆して逃げ出してしまうお話です。唐招提寺ができた時代に海を渡って日本にやって来た鬼が逃げ出してまでしたかった事とは?奈良から吉野の山奥を舞台に怖くてドキドキするけど美しい絵と共にお楽しみになれる絵本です。

Today”s  book is about Oni. Oni is a kind of demon or monster in Japan. People is afraid of Oni.This story is a little bit different,,,  Great story with beautiful illustrations.