ピートのスケートレース(福音館書店)

オランダの冬はとても寒く、河にも厚い氷が張るそうです。北部の州では凍った運河をスケートで滑り、11の町を1日で周るエルフステーデントホトと呼ばれる総距離200キロにもなるレースがあるくらいです。『ピートのスケートレース』は10歳のピートがナチス占領下のオランダでとある姉弟を逃がすのを手伝う為に彼らと3人で運河を滑ります。警備兵の目を掻い潜り、彼らは無事に目的地にたどり着けるのでしょうか。可愛らしい絵と手に汗握る内容が印象的な絵本です。

Todays picture book is about a story of World War 2 in Holland. 10 year old boy is a great skater. He helps  young girl and her  little brother to escape from NAZI.