大槻文彦 言海(慶應義塾大学出版会)

可愛らしい装丁が目をひく『大槻文彦 言海』。日本初の近代的国語辞典と位置付けられる『言海』とその編者大槻文彦について書かれた本です。近代国家として認められる為に日本語を国語として統一するという目的の為に編まれた『言海』。語源の問題や方言との関係。帝国主義として植民地を広げていった先での同化政策としての口語教育にまで踏み込んだ内容になっています。言海を通してみる近代日本。辞書の使い方も知らぬ首相のいる時代ですが、今一度辞書というものの重要さ振り返ってみる絶好の良書です。

This book is about Genkai”, the first modern Japanese dictionary, and its editor Fumihiko Otsuki.  Trough this book we can learn How Japan was modernized.